ホリデイ・トレッキング・クラブ

クラブについて

未来につながるまつりプロジェクトは、「公益財団法人北海道環境財団」が、「オホーツク山の幸活用推進協議会(下川町・滝上町・西興部村)と協働して取り組むプロジェクトです。

オホーツク山の幸活用推進協議会、とは?
下川町、滝上町、西興部村の3町村で構成され、人口減少や交流人口の低迷、野生鳥獣被害など、共通する地域課題の総合的解決に向けた取り組みを行っています。

●下川町について
札幌から北に200km。人口3,500人、高齢化率は38.8%。北海道の多くの地域と同じように、下川町も、人口減少や高齢化といった課題を抱えていますが、環境未来都市として、「地域の資源」を「地域の資源(みりょく)」に変えて、温暖化対策の推進・地方創生に取り組んでいます。

●滝上町について
人口約2,800人。高齢者率は40.7%。町の面s系の約9割を森林が占めていることから、林業をはじめ、農業、観光が盛んです。春の芝桜まつりには町内外から多くの人が訪れます。

●西興部村について
人口約1,300人。牛は2,400頭、高齢化率は31.6%。日本最大の猟区があり、エゾシカの地産地消を進めています。また、村全体が光ファイバーでつながれたITの先進地でもあります。