身近な環境学習

自然エネルギー

雪氷熱エネルギー

美唄市交流拠点施設ピパの湯「ゆ〜りん館」では、春先に雪を貯え、この冷熱を夏の冷房に活用しています。
写真提供:北海道経済部資源エネルギー課
天然の雪氷を断熱設備のある貯雪氷庫に貯蔵して冷蔵・冷房を行ったり、寒冷な外気を取り入れて氷をつくりその冷熱を利用したりすることを雪氷熱エネルギー利用といいます。平成14年に「新エネルギー」として位置付けられ、新エネルギーの中でも新しいエネルギーといえます。
長い間、雪をやっかいものとして扱ってきた北海道において、それを価値あるエネルギーとして利用することができるのが、この雪氷熱エネルギーです。まさしく北海道ならではの新エネルギーといえるでしょう。

雪氷を利用するのは決して新しいことではありません。積雪寒冷地域では、古くから雪中や雪下に農産物を貯蔵したり、「氷室」といわれる簡易な野菜貯蔵が行われてきました。 近年の動きはそんな雪氷の利用方法を再評価して、石油を利用したエネルギーに変えて活用を進めていこう、というものです。比較的良く見られる取り組みとして、野菜などを夏まで貯蔵するために、農産物の倉庫の一部に断熱を施し、冬の間にそこに雪氷を蓄え、その冷熱を利用(自然対流)することによって倉庫内を低温に保つ、というものがあります。さらには、より大がかりな雪冷房システムを作って、大規模な米低温貯蔵施設やマンション・介護老人施設などへの導入も進められています。

道内における雪氷熱エネルギーの活用施設は全国の4割以上を占めています。今後も様々な分野に雪氷熱エネルギーの導入が進むものと期待されます。

 

沼田町の事例

スノースクールライスファクトリー(沼田町)
写真提供:北海道経済部資源エネルギー課
沼田町では、冬に大量に降る雪を自然の冷熱エネルギーとして利用しています。毎年、膨大な除雪費用がかかる雪を天然の冷蔵貯蓄庫として活用しようと考えたのです。まずは、広大な敷地に約30万立方メートル、約15トンにもおよぶ巨大な雪山を作ります。この雪そのものを農産物貯蓄施設に搬送して利用する方法と、雪を溶かした水をパイプを使って農産物の生産地におくる方法の二つがあります。こうした雪氷熱エネルギーを最大限に活用することで、冬の食料の安定供給にも役だっているのです。それは沼田町の産業の発展、町づくりにも貢献しているといえるでしょう。
 

戻る