斜里町の概要

斜里町は、オホーツク管内の最東部に位置しており、世界自然遺産に登録されている知床の西側を有しています。農業では小麦、甜菜、馬鈴薯を主体とした畑作農業が行われ、日本の穀倉地帯との一つとなっている一方、漁業でもサケ・マスの水揚げが日本一となっています。流氷がもたらす特異な生態系と多様な動植物の生息が評価されております。また、知床の森を守るナショナルトラスト運動に長年取り組んでいるという特徴があります。
斜里町 https://www.town.shari.hokkaido.jp/index.html

斜里町におけるCOOL CHOICEの取り組み

斜里町では、町長が国民運動「COOL CHOICE」への賛同を宣言し、「暖房・冷房利用時の適切な温度設定」「家電・照明の適正な利用」「公共交通機関の利用促進」を主要なテーマとして掲げて温暖化対策を推進しています。

斜里町COOL CHOICEページはこちら

斜里町児童館「あそぼっくる」で環境教室を行いました【2018年9月10日 更新】

小学生児童23名を対象として、ゲームやパネルシアターなどを用いた環境教室を行いました。テーマは「長い時間をかけて育まれた自然豊かな地球そして知床を守ろう」。もったいないをなくすこと、小さな取り組みも集まれば大きな力になることを伝えると、自分でできることをみつけて取り組む意欲を元気いっぱいに示してくれました。

【実施日】
2018年8月4日(土) 13:00~14:00
【場 所】
斜里町児童館「あそぼっくる」

SDGsへの貢献を見据えて

SDGsへの貢献の視点からみると、当町の取り組みは
以下目標の達成に向けた取り組みとして整理することができます。

  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう

COOL CHOICE オホーツクのチラシができました【2018年9月10日 更新】

オホーツク2市5町(斜里町、北見市、網走市、小清水町、訓子府町、置戸町、滝上町)のCOOL CHOICEの取り組みを広く周知するために、チラシを作成しました。また、広報紙8月号(P.16)にも記事が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

広報しゃり(2018年8月号)

SDGsへの貢献を見据えて

SDGsへの貢献の視点からみると、当町の取り組みは
以下目標の達成に向けた取り組みとして整理することができます。

  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう