訓子府町の概要

訓子府町は、オホーツク斜面の内陸寄りに位置しています。面積が190.95㎢と管内で一番小さいものの、盆地特有の寒暖差のある気候と肥沃な大地を活かし、生産性の高い集約的な経営が展開されています。農業基盤整備による土づくりや、減農薬・有機栽培などにもいち早く取り組み、環境にも配慮した安心・安全な農産物生産が注目されています。また、商店街の近代化や電線類地中化による景観整備を進めるなど、人と自然が調和した街づくりに取り組んでいます。
訓子府町 http://www.town.kunneppu.hokkaido.jp/

訓子府町におけるCOOL CHOICEの取り組み

訓子府町では、町長が国民運動「COOL CHOICE」への賛同を宣言し、「暖房・冷房利用時の適切な温度設定」「家電・照明の適正な利用」「公共交通機関の利用促進」を主要なテーマとして掲げて温暖化対策を推進しています。

「COOL CHOICE」パネル展を開催します【2018年11月2日 更新】

常呂川をテーマに地球温暖化がもたらす地域の自然環境への影響や、温暖化防止の取り組みの必要性などをわかりやすくまとめたパネルを北見市で作成し、当町でも下記のとおりパネル展を開催します。ぜひご覧ください。

【パネル展日程】
期間:11月6日(火)~22日(木)
場所:訓子府町公民館
※毎週月曜日が休館となっています。

COOL CHOICEオホーツク パネル(PDF)

SDGsへの貢献を見据えて

SDGsへの貢献の視点からみると、当町の取り組みは
以下目標の達成に向けた取り組みとして整理することができます。

  • 04.質の高い教育をみんなに
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう

「COOL CHOICE オホーツク in 訓子府」のポスターができました【2018年10月5日 更新】

オホーツク2市5町(訓子府町、北見市、網走市、斜里町、小清水町、置戸町、滝上町)のCOOL CHOICEの取り組みを広く周知するために、ポスターを作成しました。役場などで掲示していますので、ぜひご覧ください。

SDGsへの貢献を見据えて

SDGsへの貢献の視点からみると、当町の取り組みは
以下目標の達成に向けた取り組みとして整理することができます。

  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

「COOL CHOICE オホーツク in 訓子府」のチラシができました【2018年9月10日 更新】

オホーツク2市5町(訓子府町、北見市、網走市、斜里町、小清水町、置戸町、滝上町)のCOOL CHOICEの取り組みを広く周知するために、チラシを作成しました。また、広報紙8月号(P.6)にも記事が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

COOL CHOICE オホーツク in 訓子府 チラシ(PDF)

広報くんねっぷ 2018年8月号

SDGsへの貢献を見据えて

SDGsへの貢献の視点からみると、当町の取り組みは
以下目標の達成に向けた取り組みとして整理することができます。

  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう